【2/2】外山恒一氏を囲む黒い鍋会@名古屋

“全共闘以後”の再出版記念公演のため、外山恒一さんが名古屋に来ます。
再出版イベント後の交流会を、Queer+sにて開催いたします。

◆場所:LGBTIQA Mix Dining & Bar “Queer+s”
※アクセス:栄駅12・13番出口から徒歩5分 名古屋市中区栄4-13-18 栄スパークビル5階

◆日時:2月2日(土)21時頃~
◆参加費:2500円(1D+料理沢山と鍋)

*交流会からの参加も歓迎です。
*前段の再出版記念公演に参加された方には、なにかいいことあるかもです。
*交流会には、前段の再出版記念公演に参加された方が優先的に入れます。
*21時より前にQueer+sにご来店の方も優先しし参加できますが、その時間は別料金になります。

◆外山恒一:1970年生まれ。革命家。「九州ファシスト党・我々団」総統。80 年代後半、福岡・鹿児島の高校で学校当局との衝突を繰り返し、各地の“戦う中高生”を組織した「全国高校生会議」の主要活動家の1人となる。89年、『ぼくの高校退学宣言』で単行本デビュー。文筆活動と、“異端的極左活動家”として90年代を過ごした末、02年に逮捕され、獄中でファシズム転向。07 年に都知事選に出馬、「政府転覆」を呼びかける過激な政見放送がネット上で大ブームを巻き起こした。著書に『青いムーブメント』、『良いテロリストのための教科書』など。

関連団体:名古屋アナキズム研究会
https://www.facebook.com/anarchism.nagoya/
https://twitter.com/anarchy_nagoya

【2/2】外山恒一氏を囲む黒い鍋会@名古屋 21時~

Post navigation